緑化Q&A

植栽・生育編

ヤマモモが、もう何年も実をつけませんが、どうしてでしょうか?
ヤマモモは雌雄異株なので、雌雄が揃ってないと実は成りません。ですが、近隣にヤマモモの異株があれば雄株(または雌株)だけでも実が成ります。他に実が成らない理由としては、日当りが悪い、土地が痩せすぎているなどの理由で、土地のC/N比(※)が低く花芽ができないことや、樹齢が若すぎることなどが考えられます。 ※C/N比とは、全炭素(C)と全窒素(N)との比率で、「炭素率」ともいいます。
寒冷地(例えば北海道)でのアカマツの移植時期はいつ頃がよいのでしょうか?
春(3~5月)地面の凍りが解けてから新芽が伸び始める直前までが1番の適期。芽が伸びて新芽が展開する前までが(5月中、下旬)2番目の適期。なお、アカマツは札幌以北では生育できません。
樹齢の高い樹木を移しかえたいのですが、どのようにすればよいのでしょうか?
春~初夏までに2回に分けて根廻しを行い、ホルモン剤+栄養剤を与えて活力をつけておく(根廻し前と同様にする)。根廻し後の養生(枝の剪定、幹巻き、支柱)を行っておくとよいでしょう。
団地内の公園設計を考えています。どういう点に注意すればよいでしょうか?
植栽樹木の経年変化(大きさの変化)をよくとらえて設計して下さい(日照を枝葉とも確保する等)。他には、病害虫の少ない樹種、省メンテナンス樹種、植栽土壌に合う樹種、季節変化がある、花が咲く、葉が美しい、樹形が整う、芳香がある等も考慮するとよいでしょう。
市販の苗を購入する時のチェックポイントを教えてください。
病害虫の有無。葉・樹皮の色合いツヤ。根系の発達状況(少ないもの、鉢の中が根で一杯のものは不良)樹齢の割に花や実の多いものはよくありません。
都市部のビル新築に伴い、シンボルツリーが欲しい。何が適当でしょうか?
【 10m内外の木 】
針葉樹 … ウラジロモミの木、ドイツトウヒー、センペルセコイヤ、メタセコイア、コウヤマキ等
常緑樹 … クスノキ、シラカシ、タブの木、タイサンボク、クロガネモチ等
落葉樹 … ケヤキ、ユリノキ、アキニレ、アメリカフー、ブナの木、ヤマボウシ、シナノキ、トチノキ、カツラ、イチョウ等
【 7~8m位の木 】
アメリカヤマボウシ(はなみずき)、ヒトツバタゴ、アメリカザイフリボク等
落葉樹の剪定で注意すべきことは何でしょうか?
剪定する樹種、街路樹、庭園樹によって剪定の仕方が違います。
全体に言える事は、
  1. 樹形をくずさない様(元の樹形)バランス良く剪定する
  2. 剪定する木の全体を見ながら「どの枝」を切るかをよく見極めて
  3. 樹冠の縮小
  4. 樹形の矯正
  5. 景観を考えた剪定
  6. 強剪定する時は切る枝を間違わない様に注意
  7. 樹木との会話の心得(色々な樹木が在りますので樹木の気持ちになって…)
【 街路樹の場合 】
  1. 枝下の高さを揃える
  2. 樹高と枝張りを揃える
  3. 枝葉の密度を揃える
常緑樹の剪定時期は、いつごろが良いでしょうか?
  1. 樹冠の整え、軽剪定は春剪定・夏期剪定・冬期剪定
  2. 寒さに弱い常緑広葉樹を含む暖地性の樹木は、春(3~5月)に行った方が良いです
  3. 常緑針葉樹は休眠中(11~3月)に行いましょう
造園工事の2年後に、移植した樹木が枯れました。掘り返してみたところ、すごい異臭がしています。何が原因でしょうか?
現場の排水が不良で、俗に言う水が死んでいる状態になっていることが考えられます。異臭を発している土層が青灰色を呈していれば確実にそうなので土壌を交換するとともに、排水を取るようにする必要があります。
西日本(例えば九州)で街路樹を検討しているが、比較的手が掛からない樹木はないでしょうか?
比較的手が掛からないもので、なおかつ九州という風土の特色を生かせる樹種としては、ヤマモモ、ホルトノキあたりはどうでしょうか。
長野県の標高1,200m地点で使える常緑広葉樹で高木性のものは何があるでしょうか?
  1. ソヨゴ、クロソヨゴ等 但し寒冷地産のもの
  2. ヒメオオツゲ、ボックスウッド等 → 中木性
  3. レットロビン、セイヨウヒイラギ等
  4. イヌツゲ、モチノキ等 但し寒冷地産のもの
  5. 以上植栽時期は春遅くから初夏までに

Page top


病虫害編

バラの葉の所々に茶色の部分ができ、あっという間に葉全体に広がり、枯れてしまいました。何が原因でしょうか?また、予防方法を教えてください。
茶色の部分の形状、及び茶色の度合いにより病気が異なりますが、一般的に考えて黒星病と思われます。 バラの場合、発病してからの治療は困難なので月1~2回ベンレートかトップジンのような適用範囲の広い殺菌剤を散布して発生を抑えることが大事です。
ケヤキのほとんどの葉に丸いできものがついており、中に白い小さい虫が一匹ずつ入っています。何が原因でしょうか?また、予防方法を教えてください。
新葉の展開時にケヤキノフシアブラムシというアブラムシが産卵し、発生した幼虫の刺激により葉の組織が異常肥大してコブを作ります。従って新芽の動き出す頃にアブラムシに効く殺虫剤を散布すれば良いと思います。

Page top


Page top